鈴木和男 (法歯学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 和男(すずき かずお、1927年3月1日-2003年8月28日[1])は、日本の法歯学者。

埼玉県出身。1951年東京歯科医学専門学校卒、東京大学医学部助手、1958年東大医学博士東京歯科大学教授。93年退任、名誉教授。科学警察研究所特別研究員。国際法歯学会副会長。96年日本歯科医学会会長賞受賞。歯から血を採り死体の身元を確認する手法を発見し法歯学を確立した[2]

著書[編集]

  • 『法歯学』現代書房 1964 永末書店 1974
  • 『歯は語りかける 法歯学の犯罪捜査』日本書籍 1979
  • 『法歯学の出番です 事件捜査の最前線』中公文庫 1986
  • 『やさしい法歯学 法歯学検査マニュアル』デンタルフォーラム 歯科ブックレットシリーズ 1987
  • 『死体に歯あり 法歯学の現場』徳間書店 1992
  • 『遺体鑑定 歯が語りかけてくる』講談社 1999

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』