鈴木博章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 博章(すずき ひろあき、1916年4月15日[1] - 1976年9月16日)は、日本の実業家神戸製鋼所社長を務めた。

経歴・人物[編集]

京都府京都市出身[1]1944年京都帝国大学法学部を卒業し、神戸製鋼所に入社した[1]。総務部長、取締役、常務、専務を経て、1974年5月から副社長を務め、同年11月社長に就任した[2]

しかし、1976年9月16日在任中に急性心不全により死去[3]。60歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 興信データ株式會社 1971, す112頁.
  2. ^ 1974年 10月17日 読売新聞 朝刊 p8
  3. ^ 1976年 9月16日 読売新聞 夕刊 p9

参考文献[編集]

  • 興信データ株式會社 『人事興信録 第26版 上』興信データ、1971年。