鈴木そう兵衛 (9代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「鈴木摠兵衛 (9代目)」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

鈴木 摠兵衛(すずき そうべえ、1871年明治4年8月) - 1932年昭和7年)7月7日[1])は、日本の実業家

人物[編集]

名古屋市東区鍋屋町において鋳物商を営むかたわら、朱子学研究家としても名を知られた水野平蔵の三男鈴四郎として生まれたが、同市中区木挽町において、材摠木材の屋号で材木商を営む鈴木家の8代目鈴木摠兵衛養嗣子となった[2]1918年(大正7年)には名古屋枕木合資会社の設立に関わり、同社取締役に就き、1921年(大正10年)には大日本木材防腐株式会社取締役、1923年(大正12年)加福土地株式会社の取締役にそれぞれ就任している[2]。先代の死去に伴い、1926年大正15年)には鈴木摠兵衛の名を襲い、9代目当主となった[2]

また、名古屋市立名古屋図書館鹿山文庫を寄贈している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鈴木摠兵衛(9代)”. コトバンク. 2017年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c 北見昌朗 2016, p. 56.

参考文献[編集]

  • 北見昌朗 『愛知千年企業 大正時代編 「大恐慌の次は震災」の時代を生き抜いた名古屋商人群像』 北見昌朗、2016年2月12日(日本語)。ISBN 978-4-8062-0701-6

関連項目[編集]