金子源吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 源吉(かねこ げんきち、1935年2月23日[1] - )は、日本実業家テレビ長崎会長、元社長[2]。父は農林水産大臣を務めた金子岩三、弟は長崎県知事を務め現参議院議員金子原二郎

経歴[編集]

1935年長崎県生まれ[1]長崎県立長崎東高等学校を経て[3]1959年慶応義塾大学法学部卒業後、金子商店に入社[1]1970年専務、1975年金子漁業(金子商店から社名変更)副社長を経て、1984年社長に就任[1][4]。父は金子漁業グループ創業者で元農林水産大臣金子岩三であり、実弟の金子原二郎が政界を、自身が財界を引き継ぐという分業体制を成立させた[5]1986年には父・岩三が設立に携わったテレビ長崎社長に就任。以後26年にわたって務め2012年同社会長となり[2]、2020年4月一身上の都合で退任した[6]

役職[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「日本紳士録 第80版」(交詢社、2007年) [か] 82頁。
  2. ^ a b 朝日新聞人物データベース
  3. ^ 「長崎県立長崎東高等学校同窓会名簿」(長崎県立長崎東高等学校同窓会、1961年)
  4. ^ 「人事興信録 第45版」(興信データ、2009年) [か] 125頁。
  5. ^ 「ふるさと人国記 九州・山口編」(読売新聞西部本社編、1990年)
  6. ^ テレビ長崎の前会長、第三者委「不適切な取引の疑い」2021年2月14日閲覧。

関連項目[編集]