金子啓明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 啓明(かねこ ひろあき、1947年3月1日 - )は、日本美術史学者。専門は日本彫刻史。現在、興福寺国宝館館長および日本大学芸術学部客員教授。

来歴・人物[編集]

東京都出身。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、東京国立博物館にて仏像彫刻を研究。同館にて彫刻室長、法隆寺宝物室長、企画課長、事業部長、副館長を歴任。同館名誉会員。慶應義塾大学文学部教授、東京大学大学院文化資源学講師も務めた。

博物館の企画展として「金銅仏 中国・朝鮮・日本」展(1987年)、「大和古寺の仏たち」(1993年)、「法隆寺献納宝物」(1996年)、「仏像 一木にこめられた祈り」(2006年)、「国宝 薬師寺展」(2008年)、「国宝 阿修羅展」(2009年)などを手がけ、成功に導いた。特に「国宝 阿修羅展」の会期中(61日間)の総入場者数は94万6172人を記録し、同博物館の日本美術の展覧会として史上最多となった。

著書[編集]

  • 『日本の古寺美術10 西大寺』(保育社,1987)
  • 『金銅仏――中国・朝鮮・日本』(東京国立博物館,1987)
  • 『新編名宝日本の美術13 運慶・快慶』(小学館,1991)
  • 『日本の美術314 文殊菩薩』(至文堂,1992)
  • 『もっと知りたい興福寺の仏たち(アート・ビギナーズ・コレクション)』(東京美術,2009)
  • 『もっと知りたい法隆寺の仏たち(アート・ビギナーズ・コレクション)』(東京美術,2012)
  • 『仏像のかたちと心――白鳳から天平へ』(岩波書店,2012)
  • 『運慶のまなざし――宗教彫刻のかたちと霊性 』(岩波書店,2017)

外部リンク[編集]