金スロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金スロ(きんスロ)とは、パチスロ機が接続された、金箔カードの自動販売機[1]。また、この自動販売機を設置した店舗のことを言う。

概要[編集]

発案者によればあくまでも自動販売機が主体としている[2]。しかし、客にとっては通常のパチンコ店からすでに撤去されてしまった4号機パチスロの遊戯と換金[3]が目当てである[4]

具体的な遊戯方法は以下のような手順とのこと[1][4]

  • 自動販売機で金箔カードを購入する。
  • 自動販売機に接続されたパチスロにクレジットが入る[5]
  • 通常のパチスロ同様に遊戯する。当たればクレジットが増加する。
  • 一定量クレジットが増加[5]すると、金箔カードが追加で入手できる。
  • 金箔カードは併設の古物商が買い取ってくれる(これが換金)。

2013年1月に金スロが「自動販売機を装った改造スロット機」であるとして「風営法違反(無許可営業)」容疑で運営者が摘発されている[2][6]

歴史[編集]

  • 2010年頃、北九州の小倉が発祥[4]
  • 2011年、都内に進出[4]
  • 2013年1月、初の摘発[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 自販機「金スロ」”. P-WORLD 業界ニュース. 2013年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c 「金スロ」全国初摘発”. MSN産経ニュース. 2013年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。
  3. ^ ゲームセンターにも4号機(七号転用機)はあるが換金はできない。
  4. ^ a b c d 換金可能なゲーセン「金スロ」って何?”. 日刊SPA!. 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。
  5. ^ a b 「4号機が打てて換金ができる金スロの実態」。”. みなパチ. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月20日閲覧。クレジットと払い出しは店により差異があるとのこと。
  6. ^ 金スロ関係者に風適法違反と常習賭博で相次ぎ有罪

関連項目[編集]