野村光徳・好徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野村 光徳・好徳(のむら みつのり・よしのり、1956年 - )は、元子役俳優をやっていた双子の兄弟である。大阪市出身。アカデミー児童劇団を経て、松竹芸能に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

幼少から両親の意向で児童劇団に所属。 1966年の『忍者ハットリくん』では、交代で主役のハットリくんに扮し、一方が撮影に入っている間に、一方が学校に出席していた。 1967年放送の『怪獣王子』を最後に芸能界を引退。 1984年に『怪獣王子』の記録集[2]作成にあたり、本作の監修者である鷺巣富雄、特撮監督の小嶋伸介と再会。その時点で光徳は会社員、好徳は教師をしていた[3]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

  • うちのママ姉ちゃん(1963年)
  • 拝啓カアチャン様(1964年)
  • 忍者ハットリくん(1966年)(ハットリカンゾウ)
  • 怪獣王子(1967年)- 光徳:(伊吹タケル/怪獣王子)主演、好徳(伊吹ミツル)

脚注[編集]

  1. ^ 福島民報 1966年7月14日
  2. ^ ピープロで1984年に企画され、「宇宙船」に広告も掲載されたが未発売で終わった。
  3. ^ 「宇宙船」 VOL.21 1984年 朝日ソノラマ