野口道直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野口 道直(のぐち みちなお、1785年 - 1865年)は、尾張国青物問屋商人。八代目野口市兵衛にあたる[1]。号に梅居・汲古堂・全花楼・継志軒がある[1]

人物[編集]

尾張名所図会』の執筆に岡田啓小田切春江らとともにかかわり、自費出版をする[1]。同書の出版に際して、財産の大半を費やしたとされる[2]1863年、野田姓を名乗る許可を得る[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 織茂三郎 「尾張名所図会」『愛知百科事典』 中日新聞社、1976年、207頁(日本語)。
  • 『角川日本姓氏歴史人名大辞典23 愛知県』 愛知県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会、角川書店、1991年10月30日(日本語)。ISBN 4-04-002230-0