酒井忠順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井 忠順
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年3月14日1791年4月16日
死没 嘉永6年1月17日1853年2月24日
改名 亀太郎、与太郎(幼名)→忠順
戒名 天性院殿霊雄道智大居士
墓所 福井県小浜市男山の空印寺
官位 従五位下、従四位下、修理大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
若狭小浜藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠貫、養父:酒井忠進
正室:松平定国の娘
養子:忠義
空印寺の墓

酒井 忠順(さかい ただより)は、若狭小浜藩の第11代藩主。小浜藩酒井家12代。

寛政3年(1791年)3月14日、第9代藩主酒井忠貫の次男として生まれる。文化3年(1806年)に父が死去したとき若年だったため、父の養子であった忠進が跡を継ぎ、忠順はその順養子となった。文化4年(1807年)12月、従五位下、修理大夫に叙任する。文政11年(1828年)、忠進の死去により跡を継いだ。同年12月、従四位下に昇進する。

この頃、小浜藩には30万両の借金があったため、忠順は10万石の格式を簡略化して財政再建に取り組んだが、天保4年(1833年)に領内大凶作で一揆が起こり、失敗してした。天保5年(1834年)2月5日、養子の忠義(忠進の五男)に家督を譲って隠居した。

嘉永6年(1853年)1月17日に死去した。享年63。