酒井忠郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 忠郷(さかい たださと、享保19年(1734年)- 寛延2年10月19日1749年11月28日))は、出羽松山藩の嫡子だった酒井忠英の長男。幼名は竹之助。通称は兵庫。

父・忠英が廃嫡されたため、代わって松山藩第3代藩主に就任した酒井忠休の養子となった。しかし、忠休の実子との間で継嗣争いが起き、その最中に死去した。藩医によって毒殺されたとの説もある。

略系図[編集]

酒井忠予2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠英 忠寄(5) 忠休3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠郷※a 忠起※b 忠崇4 忠郷※a 忠起※b
  • 実線は実子、点線は養子および婚姻を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 太字の数字 2, 3…… は松山藩主代数を示す。
  • 括弧つきの数字 (5), (6)…… は庄内藩主代数を示す。