酒井忠純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠純(さかい ただひさ、明治19年(1886年8月25日 - 昭和39年(1964年7月5日)は、昭和時代前期の銀行家軍人陸軍中尉従七位考古学研究家。出羽国庄内藩第12代藩主・酒井忠宝の長男。荘内銀行初代頭取。庄内民俗学会会長、山形県文化財保護協会理事。幼名は徳太郎、号は松堂。

略歴[編集]

  • 1886年(明治19年)8月25日 - 庄内藩12代藩主・酒井忠宝の長男として鶴岡郊外大宝寺村(現:鶴岡市)で生まれる[1]
  • 大日本帝国陸軍中尉。
  • 1939年(昭和14年)9月 - 菅実のあとを受けて六十七銀行頭取に就任する。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 荘内銀行の初代頭取に就任する(1944年10月退任)[1]
  • 1950年(昭和25年) - 酒井忠良の(財)以文会(後の(財)致道博物館設立に協力する。
  • 1951年(昭和26年) - 県内の考古学研究家による吹浦遺跡、玉川遺跡の学術調査で調査団の中心となる。
  • 1964年(昭和39年)7月5日 - 逝去する。享年77。鶴岡の大督寺にがある[1]

子女[編集]

  • 養嗣子:酒井忠惇(子爵松平親信二男)[2]
  • 長女:喜久子(忠惇夫人)
  • 次女:正子(佐治秀太郎夫人)
  • 三女:喜美子(下平英夫夫人)
  • 四女:時子(佐伯照明夫人)
  • 五女:里子(武川潤平夫人)
  • 六女:岸子(佐伯朝明夫人)
  • 七女:喜佐子
  • 八女:喜和子

著書[編集]

共著[編集]

  • 『吹浦遺跡』

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新編庄内人名辞典』327頁
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、635頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]