鄭元偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鄭 元偉(てい げんい、1792年 - 没年不詳)は、琉球王国書家。久米村出身。書家・鄭嘉訓の二男。名は長烈。号は善橋。小禄間切湖城村の地頭となったことから湖城親方と称される。楷書にすぐれ、父・嘉訓と同じく、薩摩藩主と親しくなり、優れた書を残している。官僚としても活躍し、1842年徳川家慶征夷大将軍就任の慶賀使に儀衛正として随行した。紫禁大夫、総理唐栄司を務める[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鄭元偉 - 『最新版 沖縄コンパクト事典』琉球新報社、2003年3月(琉球新報ウェブサイト)、2017年7月1日閲覧。
  2. ^ 『沖縄大百科事典』「鄭元偉」

外部リンク[編集]