部分溶融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

部分溶融(ぶぶんようゆう、英:Partial melting)は、火山現象の1つ。岩石のような多くの化学成分を持つ物質が、溶けて溶岩になる際、全体的に溶けるのではなく、溶けやすい化学成分の部分だけが溶融する現象である。

固体の一部のみが溶融するときに発生。異なる鉱物を含む岩石固溶体を示す鉱物などの混合物質の場合、この溶融物は固体のバルク組成とは異なる可能性があり、固相線と液相線の温度が異なる場合に発生。単一の鉱物の場合、たとえばマグネシウムの間のかんらんで固溶体を示すときに発生する可能性があり、異なる鉱物でできている岩石では、いくつかは他よりも低い温度で溶解する。

マントルの部分溶融[編集]

マグマの生成につながる地球内部の物理的プロセスを示す図。 AからDは異なるプレートテクトニクス設定です。上のプロットは、地球の地熱勾配の圧力と温度に生じる摂動を示しています。

温度[編集]

圧力[編集]

C Bのバルク組成物、固溶体を示す物質の融解。以下のように、温度が上昇し、固体は、青色の経路をたどる、と始まる溶融温度T Aに。生成された最初の液体の組成はCLであり、その組成は赤い経路をたどります。温度T Bで全固体が溶けました。

揮発性物質の添加[編集]

参考文献[編集]