還元算

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

還元算(かんげんざん)は算数文章題の一つ。未知の数量に対して行った計算とその結果をもとに、逆算を用いて元の数量を求める。

例題[編集]

Aはカードを何枚か持っていたが、その3分の2を友達にあげ、自分は15枚もらった。さらにその倍になるよう買い足すと50枚となった。Aははじめカードを何枚持っていたか。

解答例[編集]

「倍になるよう買い足す」と50枚になったということは

50÷2=25で買い足す前の枚数が分かる。

次に、15枚もらう前の枚数を求める。15枚を貰うと25枚になるということは

25-15=10で15枚を貰う前の枚数が分かる。

最後に、3分の2をあげる前の枚数を求める。あげた後の残りということは

1-3分の2が10枚にあたる。

10×3は 30より、1は30だとわかる。

よって、はじめの枚数は30枚となる。

■答え■ 30枚