道路交通に関する条約 (1968年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
道路交通に関する条約 (1968年)
署名1968年11月8日
署名場所ウィーン
発効1977年5月21日
署名国36
締約国73 (2014年8月時点)[1]
寄託者国連事務総長
言語英語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語
Vienna Convention on Road Traffic - Wikisource

道路交通に関する条約(一般にウィーン交通条約として知られる)は、条約締結国の間で国際的な交通を容易にし、また統一的な交通ルールを設定して安全性を高めるために締結された。この条約は国際連合経済社会理事会の交通に関する会議(1968年10月7日 - 11月8日)で合意に達し、1968年11月8日にウィーンで締結された。

この条約は73カ国が批准しているが、日本をはじめとして1949年の道路交通に関する条約(通称ジュネーヴ交通条約)を批准した国でも、この条約を批准していない国も多い。

この会議では同時に道路標識及び信号に関するウィーン条約も締結された。

締結国[編集]

ウィーン交通条約に批准した国、条約に署名したが批准していない国。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Status of 19. Convention on Road Traffic”. United Nations. 2014年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]