遊行寺たま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遊行寺 たま
職業 漫画家
代表作 『+C sword and cornett』
テンプレートを表示

遊行寺 たま(ゆぎょうじ たま)は、日本漫画家。代表作は『+C sword and cornett』。

作品リスト[編集]

連載[編集]

オリジナル
コミカライズ
  • ファイアーエムブレムif ニーベルングの宝冠(原案協力:任天堂株式会社 株式会社インテリジェントシステムズ「ファイアーエムブレムif ニーベルングの宝冠」[4]、『コミックZERO-SUM』2017年3月号[5] - 2018年8月号、全2巻)
  • 禍つヴァールハイト ひとつきりの魔導書(『コミックZERO-SUM』2020年3月号[6] - 2020年8月号[7]、全1巻) - 短期集中連載[6]
  • 貧乏令嬢の勘違い聖女伝 〜お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?〜(原作:馬路まんじ、『コミックZERO-SUM』2021年1月号[8] - 連載中、既刊1巻)

読切[編集]

  • 10年の箱庭(『コミックZERO-SUM』2002年08月号)
  • 郵便飛行士と雲の轍(『コミックZERO-SUM』2003年08月号)
  • 宇宙侍慎之介さん(『コミックZERO-SUM』2004年03月号)
  • 水もたらす竜の姫(『コミックZERO-SUM』2004年11月号)
  • True Calling マキーナ通りのエリー(『コミックZERO-SUM増刊WARD』vol.07)
  • snow+script(『コミックZERO-SUM』2007年8月号)
  • 刻の棺のイージス(ゼロサムオリジナルアンソロジーシリーズ Arcana(4)【吸血鬼】)

その他[編集]

寄稿[編集]

  • 『コミックZERO-SUM』創刊15周年記念小冊子(『コミックZERO-SUM』2017年5月号[4]) - イラスト[4]

出典[編集]

  1. ^ “「少年進化論」のくさなぎ俊祈、ゼロサムで新連載スタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年10月27日). https://natalie.mu/comic/news/78971 2021年5月31日閲覧。 
  2. ^ “「Landreaall」DX&イオンのラバーストラップを全サ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月28日). https://natalie.mu/comic/news/108682 2021年5月31日閲覧。 
  3. ^ “宇佐義大×黒野ユウ、ヴァンパイア巡るファンタジーがゼロサムで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/170813 2021年5月31日閲覧。 
  4. ^ a b c “ゼロサム創刊15周年!峰倉かずやら連載作家陣からのお祝いイラスト小冊子”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年3月28日). https://natalie.mu/comic/news/226445 2021年5月31日閲覧。 
  5. ^ “遊行寺たまが描く「ファイアーエムブレムif」マンガ版、ゼロサムで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年1月28日). https://natalie.mu/comic/news/218617 2021年5月31日閲覧。 
  6. ^ a b “転生少女の勇者おっかけファンタジー「勇者の嫁になりたくて( ̄∇ ̄)ゞ」ゼロサムで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月28日). https://natalie.mu/comic/news/364915 2021年5月31日閲覧。 
  7. ^ “他人には見えない存在が見える青年を描くファンタジー「エンド・オブ・バロル」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年6月27日). https://natalie.mu/comic/news/385155 2021年5月31日閲覧。 
  8. ^ “転生した男爵令嬢が再び冒険者に「貧乏令嬢の勘違い聖女伝」コミカライズがゼロサムで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年11月27日). https://natalie.mu/comic/news/406459 2021年5月31日閲覧。 

外部リンク[編集]