遊亀教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遊亀 教授(ゆうき さずく、1908年4月[1] - 1997年1月27日[2])は、浄土真宗の僧、倫理学者。

経歴[編集]

福井県武生出身。1932年龍谷大学文学部倫理学科卒、36年同研究科修了。京都女子大学講師、1960年「鎌倉仏教の倫理学的研究」で龍谷大学文学博士、龍谷大学文学部助教授、教授、1971年学長代行。79年名誉教授。浄土真宗本願寺派西本願寺)伝道院萇。教善寺住職。[3]

著書[編集]

  • 親鸞と倫理』百華苑 1949
  • 『仏教倫理の研究 日本仏教の倫理形成』百華苑 1961
  • 『親鸞教とその周辺』百華苑 1980
  • 『親鸞と道元』講談社 1986
  • 『地獄のうえの花見』法蔵館 1993
共著

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1165頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『親鸞と道元』著者紹介