通模倣様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

通模倣様式(つうもほうようしき)は、ルネサンス音楽期における作曲技法である。歌詞を複数の節に分割して各々の節に動機を与え、全声部にその動機を模倣させている。フランドル楽派を代表する作曲家であるジョスカン・デ・プレが確立し、ヨーロッパ中に拡散した。