角倉一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角倉 一朗(すみくら いちろう、1932年10月27日[1] - )は、日本の音楽学者東京藝術大学音楽学部名誉教授バッハを中心とする西洋音楽史音楽理論の研究の第一人者。

経歴[編集]

東京生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同研究科修了。桐朋学園大学助教授、東京藝術大学教授を歴任し、多くの音楽学者を育てた。多くの門下生が全国の大学で音楽史関連講義の教鞭をとっている。退官後神戸女学院大学特任教授に着任。

著書、訳書[編集]

著書に『バッハ』(音楽之友社)、『現代のバッハ像』、『バッハ作品総目録』(白水社)。訳書にウェーバー『音楽社会学』(創文社)、ミヒェルス『図解音楽事典』(白水社)、ダールハウス『音楽史の基礎概念』(白水社)、アレン・キャドウォーラダー&ディヴィッド・ガ二ェ『調性音楽のシェンカー分析』、ピストン『和声法』(音楽之友社)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.512

関連項目[編集]