農業調整法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

農業調整法(のうぎょうちょうせいほう、: Agricultural Adjustment Act, 略称AAA)とは、アメリカ合衆国の連邦法の一つで、アメリカ大統領であったフランクリン・ルーズベルトが実施したニューディール政策の重要立法。1933年に制定。

農業生産を制限し、過剰生産物は政府が買い上げるなどして、農産物価格を安定させ、農民の救済と購買力回復を目指した。実態は惨憺たるものであった。服がなくて困っている国民がいるのに、補助金を出して綿花をわざわざ埋めてしまった。スープ一杯の炊き出しに1ブロックを周るような行列ができていたが、生まれた子豚は雄のひよこ同然に殺処分された。租税が物納であった古代国家に笑われるような貨幣経済の大失態を演じていた。