農業機械化促進法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
農業機械化促進法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和28年8月27日法律第252号
効力 廃止
種類 産業法
所管 農林水産省
主な内容 農業機械化促進等について
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

農業機械化促進法(のうぎょうきかいかそくしんほう、昭和28年8月27日法律第252号) は、農業機械化促進等について定めた日本法律である。2018年(平成30年)4月1日をもって廃止された。

概要[編集]

第193回国会において、農業機械化促進法を廃止する等の法律(平成29年4月21日法律第19号)が成立し[1]、2018年(平成30年)4月1日をもって廃止された。

構成[編集]

  • 第1章 総則(第1条―第5条)
  • 第2章 高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入(第5条の2―第5条の8)
  • 第3章 農機具の検査(第6条―第15条)
  • 第4章 研究機構の農機具の改良に関する試験研究等の業務(第16条)
  • 第5章 罰則(第17条―第19条)
  • 附則

資格[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 農業機械化促進法を廃止する等の法律”. 衆議院 (2017年4月21日). 2018年2月21日閲覧。