起業家機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

起業家機構(きぎょうかきこう、英語:Entrepreneurs' Organization、略称:EO)は、世界の企業家によって形成された国際的な非営利組織である。

概要[編集]

1987年にアメリカで青年起業家機構(英語:Young Entrepreneurs' Organization、略称:YEO)として設立され、2005年に現在の名称に変更。世界48ヶ国150都市にネットワークが広がっており、約12,000名のメンバーで形成されている。

メンバーとなるためには以下の条件を満たす必要がある。

  • 企業の創業者、共同創業者、所有者または支配的な株主であること
  • 年収総額が100万ドルを超えていること
  • 参加時に50歳以下であること

日本では、1995年10月にアメリカ以外で初めてYEOが設立され、2006年7月に世界起業家機構(英語:World Entrepreneurs' Organization、略称:WEO)と統合されて、EOジャパンとなった。

その後、日本国内において大阪や東北など複数のチャプターが設立されたことに伴い、EO Tokyoに変更された。

2009年に「EO Osaka」、2015年に「EO Tohoku」、2017年に「EO Nagoya」「EO Fukuoka」、2018年に「EO Tokyo WEST」が設立され、現在は日本国内6チャプターとなっている。


活動スタンス[編集]

起業家が共に刺激しあい成長する

活動内容[編集]

  • フォーラム - 10名程度のチームに分かれて定期的に学びの場を形成
  • 月例会 - 内外から講師を招いた講演会やメンバー同士の交流をする場の開催
  • 分科会 - 講師を招き学びの場の形成
  • ユニバーシティ - 世界各地のメンバーが集結する学びの場の形成

関連項目[編集]

外部リンク[編集]