賈範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

賈 範(か はん、生年不詳 - 238年景初2年)は、中国三国時代の将軍。晋書に記述がある。

遼東公孫淵配下。公孫淵がに叛いた際、綸直らとともにこれを諌めたため怒りを買い、両名とも殺された。司馬懿公孫淵の反乱を鎮圧すると、賈範らの墓を手厚く祀り、遺嗣を顕した。

小説『三国志演義』では第106回に登場する。公孫淵の副将であり、ほぼ同様の顛末を辿っている。