記銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

記銘(きめい)は情報を覚えこむこと。最近は符号化と呼ばれることが多い。様々な方法がある。

  • 視覚的記銘
何らかの存在を見て覚えることである。
  • 聴覚的記銘
何らかの音を聞いて覚えることである。
  • 触覚的記銘
何らかの存在を触り覚えることである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

符号化 - 脳科学辞典