計画行列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

計画行列(けいかくぎょうれつ、: design matrix)とは、統計学において、いくつかの統計モデル、たとえば一般化線形モデルで用いられる行列である。

指示変数 (indicator variable) を含むことがある。指示変数は1かゼロの値をとり、グループに帰属するか否かを示す。

計画行列の利点は、多種類の実験計画や統計モデルを表現できることである。 たとえば分散分析共分散分析線形回帰などである。

[編集]

一方向分散分析[編集]

一方向の分散分析を3群、7観測について行う例である。計画行列の第1列は y の総平均のモデルである。残りの3列は各観測の各群への帰属を表わす。ここで第1群は最初の3観測であり、残りの2群はそれぞれ2観測からなる。

関連項目[編集]