触媒燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

触媒燃焼(しょくばいねんしょう、catalytic combustion)とは、表面燃焼の一形態。

概要[編集]

白金パラジウムなどは非常に触媒効果が高く、水素酸化には白金が、メタンの酸化にはパラジウムが特に強い能力を発揮する。その効果を利用した白金カイロは、ガソリンアルコールを白金面上で燃焼させて熱を出す仕組みである。

火鉢炭火こたつの中のカリウム塩やナトリウム塩の触媒効果を利用したものであり、空気の流通の悪いところでもゆっくりとした燃焼を持続させる働きがある。

参考文献[編集]