親 (麻雀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麻雀における(おや 『荘家(ションチャ)』とも)とは、その東家のことを指す。親は(『散家(サンチャ)』とも)の1.5倍の得点能力を有する。例えば、子で8000点の満貫は、親では12000点である。ただし、他家(すなわち子)に自摸和された場合は、他の子より2倍の支払いをしなければならない。例えば子が満貫を自摸和した場合は、子の2000点に対し親は4000点を支払う。

そのに親が和了れば、連荘となり、次の局も同じ人が親をする。親が聴牌の状態で流局(荒牌平局)した場合、引き続き同じ人が親になるルールと、下家(自分から見て右側にいる面子)に親が交代するルールが混在していて、場に応じて参加メンバーの見解や雀荘のルールを確認する必要がある。

天和は親のみしか出来ず、天和を子が作った場合は地和という名称になる。