西淡仮出入口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西淡仮出入口
所属路線 本州四国連絡道路
起点からの距離 71.2 km(神戸西IC起点)
(2.8 km) 淡路島南IC/PA
接続する一般道 兵庫県道477号阿那賀市線
供用開始日 1985年6月8日
供用終了日 1987年10月7日
所在地 兵庫県三原郡西淡町志知奥
テンプレートを表示

西淡仮出入口(せいだんかりでいりぐち)は、1985年6月8日から1987年10月7日まで兵庫県三原郡西淡町(現・南あわじ市)志知奥に存在した本州四国連絡道路(現・神戸淡路鳴門自動車道)の仮出入口である。

淡路島南ICから2.8km上り方(神戸西IC起点71.2km)にあった。現在近隣には南あわじ市衛生センターがある。洲本IC~本仮出入口間の開通に伴い廃止された。

当時の料金収受方法は通行券は使用せず、本仮出入口でここから淡路島南ICまでの料金と南淡路有料道路の料金(阿那賀区間)を併せて収受し、そこから鳴門北ICまでの料金は鳴門北ICで収受していた。

接続していた道路[編集]

[編集]

本州四国連絡道路
西淡仮出入口 - 淡路島南IC/PA