西村晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にしむら しんや
西村 晋也
生年月日 1964年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画オリジナルビデオ
活動期間 2004年 -
テンプレートを表示

西村 晋也(にしむら しんや、1964年 - )は、日本の映画監督、脚本家である。

経歴[編集]

1964年、東京都に生まれる[1]映画美学校第3期高等科修了[2]。2004年、『ラブ キル キル』で監督デビュー[3]。2011年の『君へ。』は、深田晃司によって年間ベストのうちの1本に選ばれる[4]。2013年、『Sweet Sickness』を手がける[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • ラブ キル キル(2004年) - 監督・脚本
  • 16(2007年) - 出演
  • マコの敵(2009年) - 撮影
  • 君へ。(2011年) - 監督・編集
  • 惑星のかけら(2011年) - 出演
  • Sweet Sickness(2013年) - 監督・脚本

オリジナルビデオ[編集]

テレビ[編集]

  • イヌゴエ(2006年) - 監督

脚注[編集]

  1. ^ 監督 西村晋也”. レモンエンジェル 実写版. 2014年12月13日閲覧。
  2. ^ 主な修了生”. 映画美学校. 2014年12月13日閲覧。
  3. ^ 轟夕起夫「西村晋也 『ラブ キル キル』」『キネマ旬報』第1412号、2004年8月20日、 69頁。
  4. ^ 深田晃司 (2012年3月5日). “映芸ダイアリーズ 2011日本映画ベストテン&ワーストテン”. 映画芸術. 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ 転形期のインディペンデント映画 - 第3回 キャメラマン・四宮秀俊 小特集”. 神戸映画資料館 (2014年5月5日). 2014年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]