西川利右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 利右衛門(にしかわ りえもん)は、江戸時代初期に江戸へ出店した老舗近江商人、屋号は「大文字屋」・「近江屋」。歴代当主が襲名する名称

歴代当主[編集]

西川利右衛門家[1]

  • 西川勘右衛門数吉:越前朝倉氏家臣。
  • 西川利右衛門 (初代)数政:勘右衛門数吉長男、蒲生郡市村に生まれ八幡町新町に移住し、大坂(近江屋)・江戸(大文字屋)に出店を構える。
  • 西川利右衛門 (2代)重数:数政長男。
  • 西川利右衛門 (3代)数正:重数長男。妻は扇屋伴兵衛の娘。
  • 西川利右衛門 (4代)数常:隠居後5代・6代利右衛門の後見となり、隆盛期を迎える。
  • 西川利右衛門 (5代)治記:数常長男。
  • 西川利右衛門 (6代)数亮:数常五男、京都店を開設する。
  • 西川利右衛門 (7代)数孝:3代目西川庄六数久の長男。
  • 西川利右衛門 (8代)数喜:備中早嶋店を開設する。
  • 西川利右衛門 (9代)数繁
  • 西川利右衛門 (10代)数雅:4代目西川庄六数居の三男。
  • 西川利右衛門 (11代)徳浄:7代目西川庄六数富次男、最後の当主。
家訓[2]
  • 「先義後利栄 好富施其徳」(義を先にし、利を後にすれば栄え、富を好しとし、其の徳を施せ)

一族[編集]

主な分家[1]

  • 西川庄六家:2代目利右衛門重数の次男が分家、大文字屋と称し江戸に出店を構える。
    • 西川庄六 (3代)数久:4代目利右衛門数常の次男、庄六家最盛期を築く。
  • 西川仁右衛門家:2代利右衛門重数の四男が分家、近江屋と称し大阪に出店を構える。
  • 西川徳蔵家:4代利右衛門数常の四男が分家、大文字屋と称し薬問屋を営み大坂・京都に出店を構える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「同志社商学63(5) 近江商人西川利右衛門家の奉公人 上村雅洋」(同志社大学商学会)
  2. ^ 三方よし -近江商人の知恵と理念を現代に生かす情報紙- 第4号 大津 AKINDO会議

関連項目[編集]