西塔 (瀋陽市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀋陽の西塔

西塔(せいとう、またはシーター=中国語: 西塔)は中華人民共和国遼寧省の省都・瀋陽市和平区にあるラマ教寺院で、別名は延寿寺。付近は伝統的に朝鮮族が多く住んでいる地域で、ここのコリア・タウンも「西塔」と呼んでいる。 [1]

詳細[編集]

西塔は遼寧省瀋陽市和平区 、瀋陽駅にも近いところにあるラマ教の寺院で、延寿寺が正式名称である。 [2] [3]

延寿寺は瀋陽城の周囲にあった4つの塔(四塔寺)のひとつで、乾隆帝が額を書いていて、現在北塔(護国法輪寺)とこの西塔のみが寺院として残っている。西塔は崇徳5年(1640年)に建設を始め、順治2年(1645年)に完成した。

西塔は文化大革命中の1968年に破壊されて、貴重な仏像なども失われたが、1998年に「盛京八景」のひとつとして3千万元をかけて修復された。西塔の高さは26.33メートル、専有面積は265平方メートルで。延寿寺の専有面積は4,000メートルで、山門、天王殿、大雄宝殿などがあり、北塔と共に観光地ともなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 瀋陽市西塔(朝鮮族ネット)
  2. ^ 瀋陽西塔(百度百科) (中国語)
  3. ^ 瀋陽西塔(互動百科) (中国語)

関連項目[編集]

座標: 北緯41度48分09秒 東経123度24分09秒 / 北緯41.80241度 東経123.40242度 / 41.80241; 123.40242