西ミュナ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西ミュナ県

Kabupaten Muna Barat
西ミュナ県の公式印章
印章
インドネシア
南東スラウェシ州
県庁所在地 ラウォロ(Laworo)
面積
 • 合計 1,022.89km2
人口
 • 合計 83,362人
 • 密度 81/km2
等時帯 UTC+7 (WIB)

西ミュナ県 (インドネシア語: Kabupaten Muna Barat)はインドネシア南東スラウェシ州に位置する。県都はミュナ島北西部のラウォロ(Laworo)。

2014年の第14号法に基づいて、2014年7月23日にミュナ県から分離して暫定的に設立された[1]

ミュナ族英語版のほかに、ジャワバリマルク諸島などからの移住者も居住している。経済的には農水産業が主であり、ティウォロ諸島では水産業が大きな収入源となっている。

自治体[編集]

県は以下の11の英語版kecamatan)からなる。

名称 人口
2010年
Tiworo Kepulauan
(Tiworo Islands)
6,406
Maginti 8,226
Tiworo Tengah
(Central Tiworo)
6,503
Tiworo Selatan
(South Tiworo)
4,830
Toworo Utara
(North Toworo)
4,863
Lawa 7,430
Sawerigadi 6,284
Barangka 5,970
Wa Daga 5,706
Kusambi 10,699
Napano Kusambi 4,707

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kabupaten Muna Barat Akhirnya Mekar” (2014年1月31日). 2016年2月7日閲覧。