行徳克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行徳 克己(ぎょうとく かつみ、1927年昭和2年)2月14日 - 2014年平成26年)7月2日)は日本の実業家、元共栄火災海上保険社長・会長。福岡県出身。

略歴[編集]

  • 1927年(昭和2年) - 友太の長男として生まれる。
  • 1950年(昭和25年) - 九州大学農学部を卒業、共栄火災海上保険へ入社。
  • 1974年(昭和49年) - 同社代表取締役に就任。
  • 1975年(昭和50年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1980年(昭和55年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1983年(昭和58年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1988年(昭和63年) - 日本損害保険協会副会長に就任。[1]
  • 1991年(平成3年) - 藍綬褒章受章。[2]
  • 1992年(平成4年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 1995年(平成7年) - 同社代表取締役相談役に就任。
  • 2014年(平成26年)7月2日午後7時33分 - 肺癌のため、東京都品川区の病院で死去、87歳[3]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1988年7月1日朝刊
  2. ^ 朝日新聞 1991年11月2日朝刊
  3. ^ 行徳克己さん死去 元共栄火災海上保険社長 有名人の葬儀 2014年7月4日