藤本進治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 進治(ふじもと しんじ、1905年 - 1987年)は、日本マルクス主義哲学者

大阪市生まれ。1934年関西大学大学院中退。経済学者藤本昭神戸大学教授)は甥。長女は福井扶未子谷沢永一が師と仰いだ。

著書[編集]

  • 『認識論』青木書店 1957 現代哲学全書
  • 革命の哲学 現代修正主義批判の哲学的基礎』青木書店 1964
  • マルクス主義とは何か』戦後思想叢書 1964
  • 『マルクス主義と現代』せりか書房 1967
  • 『革命の弁証法』せりか書房 1968
  • 『革命闘争の論理』合同出版 1969
  • 『根拠への闘争』せりか書房 1972
  • 『革命の経済学』せりか書房 1976
  • 『資本論の哲学 「革命の経済哲学」草稿』ユニウス 1987
  • 『認識論』山本晴義編 こぶし文庫 戦後日本思想の原点 2006

参考[編集]

  • 『革命の哲学』著者紹介