藤本ホセマリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤本 ホセマリ(ふじもと ほせまり、Josemari Fujimoto、1975年5月19日 - )は日本の男子バドミントン選手。

概要[編集]

港区立港中学校埼玉県越谷南高等学校中央大学を卒業後、日本ユニシス株式会社(現BIPROGY株式会社)に入社し日本ユニシスバドミントン部に所属。

[1]バドミントン元日本代表選手。現役引退後はダイワ精工株式会社(現グローブライド株式会社)でバドミントン企画開発に転職、その後は独立しプロバドミントントレーナーとして現在に至る。

現役時代の主な成績[編集]

国内大会

大会 種目 成績
2000年 全日本社会人選手権 シングルス 優勝
2001年 全日本社会人選手権 シングルス 第3位
2003年 全日本社会人選手権 シングルス 優勝
2003年 全日本総合選手権 シングルス 第3位

2000年の全日本社会人選手権では自身初の全国大会初の優勝を飾った。


国際大会

大会 種目 成績
1999年 ニュージーランドインターナショナル シングルス 第3位
2002年 釜山アジア競技大会 団体、ミックス 出場
2003年 スリランカインターナショナル シングルス 第3位

2002年 釜山広域市で開催されたアジア競技大会`ではキャプテンを務め、団体では7位となっている。

シニアの主な成績[編集]

全日本シニア選手権大会

開催地 年代 種目 パートナー 成績
2006年 北海道旭川市 30歳以上 シングルス ※不参加 優勝
2007年 福井県福井市 30歳以上 シングルス ※不参加 優勝
2008年 愛知県刈谷市 30歳以上 シングルス ※不参加 第3位
2009年 福島県福島市 30歳以上 シングルス ※不参加 準優勝
2010年 福岡県久留米市 30歳以上 シングルス 優勝
30歳以上 ダブルス 松井(大阪府) 第3位
2011年 宮城県仙台市 30歳以上 シングルス 準優勝
35歳以上 ダブルス 松井(大阪府) 優勝
2012年 埼玉県久喜市 35歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 松井(大阪府) 準優勝
2013年 愛媛県松山市 35歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝
2014年 愛知県刈谷市 35歳以上 シングルス 準優勝
30歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝
2015年 福井県敦賀市 35歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 福井(東京都) 準優勝
2016年 東京都八王子市 40歳以上 シングルス 優勝
30歳以上 ダブルス 福井(東京都) 準優勝
2017年 石川県石川市 40歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝
2018年 愛知県刈谷市 40歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 野村(千葉県) 優勝
2019年 福島県郡山市 40歳以上 シングルス 優勝
40歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝
2020年 埼玉県 新型コロナの為、大会中止
2021年 福岡県 新型コロナの為、大会中止
2022年 香川県、愛媛県

高知県

45歳以上 シングルス 優勝
40歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝

※2008年は大会中に右足のアキレス腱を断裂しそのまま棄権となった

※2016年はダブルスの決勝前にパートナーの福井がふくらはぎを肉離れし決勝は棄権となった


社会人クラブ対抗 個人戦

開催地 年代 種目 パートナー 成績
2019年 宮城県仙台市 30歳以上 シングルス 優勝
30歳以上 ダブルス 福井(東京都) 優勝
2020年 大阪府 新型コロナの為、大会中止
2021年 愛知県 新型コロナの為、大会中止
2022年 富山県高岡市 45歳以上 シングルス 優勝
一般の部 ダブルス 福井(東京都) 優勝



世界シニア大会(2年に1度の開催)

年月 開催地 年代 種目 パートナー 成績
2017年9月 インド、コチ 40歳以上 シングルス 優勝
35歳以上 ダブルス 松本(石川県) 第3位
40歳以上 ミックス 高倉(愛知県) 第3位
2019年8月 ポーランド、カトヴィツェ 40歳以上 シングルス 準優勝
40歳以上 ダブルス 松本(石川県) ベスト8
40歳以上 ミックス 松本(福岡県) 優勝
2021年12月 スペイン、ウェルバ 日本チームは参加が認められず
2023年8月 韓国、全州市 シングルス
ダブルス
ミックス


ワールドマスターズ(4年に1度の開催)

年月 開催地 年代 種目 パートナー 成績
2017年4月 ニュージーランド、オークランド 40歳以上 シングルス 優勝
2022年5月 京都府京都市 新型コロナで大会が行われなかった

※2017年は「ワールドマスターズ」「世界シニア」「全日本シニア」の3大会で40歳以上シングルスで優勝し3冠達成した。

書籍・DVDなど[編集]

・書籍

2015年12月 - 差がつく練習法~バドミントン 最新式・基礎ドリル(ベースボールマガジン社)

2018年9月  - マルチアングル戦術図解~バドミントンの戦い方(ベースボールマガジン社)

2021年12月 - バドミントン動きの質を高める48メニュー(ベースボールマガジン社) ←New

・DVD

バドミントン レベルアップメソッド ~年齢・身体能力に関わらず上達するための「5つ」の基本動作

バドミントン ダブルス上達の方程式 ~試合で勝つための「攻め」と「守り」の基本


YouTube

2021年9月 ‐ バドミントン指導系YouTubチャンネル、ホセチャンネルを開設

脚注[編集]

  1. ^ 藤本 ホセマリ | 招待選手 | MIZUNO OMOTENASHI CUP JAPAN” (日本語). MIZUNO OMOTENASHI CUP JAPAN ミズノ おもてなしカップジャパン2019. 2021年4月23日閲覧。