藤本ホセマリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 ホセマリ(ふじもと ほせまり、Josemari Fujimoto、1975年5月19日 - )は、日本の男子バドミントン選手。

来歴[編集]

埼玉県立越谷南高等学校を経て中央大学へと入学。大学を卒業した1999年に日本ユニシスへと入社し、同年に開催された ニュージーランド・インターナショナルでは3位に入賞している。翌年の全日本社会人バドミントン選手権大会では舛田圭太山田英孝シドニーオリンピックでいないこともあり、シングルスで初の優勝を手にした[1]

2002年には釜山広域市で開催されたアジア競技大会に出場、団体では7位となっている。2003年には全日本社会人バドミントン選手権大会でシングルス優勝、全日本総合バドミントン選手権大会でも3位となり、引退する決意を固めるが後輩に引き留められてもう1年プレーすることを決めた[1]。2005年、チームのキャプテンであった矢部正博とともに競技から引退した。

出典[編集]

  1. ^ a b 引退。そして新たなスタート。 矢部正博、藤本ホセマリ、さよならインタビュー