藤原盛憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原盛憲
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 勧修寺盛憲
官位 正四位下少納言式部大輔
主君 藤原頼長
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原顕憲
兄弟 盛憲憲親経憲玄顕能円
清房
テンプレートを表示

藤原 盛憲(ふじわら の もりのり)は、平安時代後期の貴族勧修寺流藤原氏の流れを汲む少納言藤原顕憲の長男。官位正四位下、少納言、式部大輔

略歴[編集]

父の姉妹が藤原忠実の室となり頼長の生母となったことから、従兄弟として頼長に近侍し、その外出の際にはたびたび前駆を務めた。さらに崇徳上皇の殿上人でもあったことから、保元元年(1156年)の保元の乱に当たっては、兄弟達と共に上皇・頼長方に参加した。

敗北後は頼長に随って逃亡、頼長の横死後に出家するが赦されず捕虜となる。さらに、近衛天皇美福門院らを呪詛したとの嫌疑によって、弟・経憲と共に拷問を加えられた後、佐渡国へと流罪となった。

孫・重房丹波国何鹿郡上杉庄[1]に所領を授かって上杉を名乗り、その子孫は後世上杉氏として繁栄している。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の京都府綾部市上杉町一帯。