蓬莱米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「蓬萊米」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

蓬莱米(ほうらいまい)とは、日本統治時代の台湾において品種改良に成功した米の品種のことである。1926年(大正15年)6月14日に台北で開かれた日本米穀大会において、台湾総督伊澤多喜男により命名された。

蓬莱米登場以前の台湾農業[編集]

元々、台湾では経済作物としては甘蔗(サトウキビ)があるだけで、台湾在来種のコメ(インディカ米)は台湾人の食料として作られるのみであった。台湾は日本より気温が高く、日照時間も長いことから、日本で植えられている米(ジャポニカ米)を台湾で生産することは困難であった[1]

日本は近代化により人口が急激に増加し、主食であるコメを自国生産分では賄いきれなくなったため、明治後期より東南アジアなどの海外から当時「南京米」と呼ばれたインディカ米を輸入していたが、インディカ米は日本人の味覚に合わなかった。台湾在来種のコメは清の時代よりごく少しが大陸に輸出されていたが、植民地化後は清との通商が急減、代わって日本との通商が急増したため、経済作物として日本人の味覚に合うコメを生産する必要があった。

蓬莱米の品種改良[編集]

台湾総督府台中試験場における磯永吉らは日本種相互間ないし台湾種との交雑により、新品種(蓬莱種)を育成し、粒形、大きさ、食味は日本産米とほぼ同じくすることに成功した。蓬莱種の育成は1903年(明治36年)から始められたが、実を結び始めるのは昭和になってからである。従来は在来インディカ種と日本種の交雑育種は困難とされていたが、これに成功し、「嘉南二号」や「嘉南八号」など100余種を育成した。また、日本種相互間の交雑からも台湾に適した品種を多数育成している。この中で最も有名なのが、1927年(昭和2年)に育成された「台中65号」である[2]

蓬莱米がもたらした影響[編集]

蓬莱米の誕生で、台湾における水稲二期作栽培が容易になった。元々台湾では老熟種を移植することが慣行であったが、彼らは蓬莱米の若苗を移植することで飛躍的な増収を得ることができたとされる。農家の収益は30パーセント増になった[3]。以下統計数字をみる。

蓬莱米作付面積の地域別割合の変化は以下のとおりである。

蓬莱米作付面積
地域 1923年(大正12年) 1925年(大正14年)
北部(台北州・新竹州) 2,144 43,164甲
中部以南(台中州・台南州・高雄州) 335甲 27,432甲
東部(華蓮港庁・台東庁) 4甲 231甲

次に蓬莱米と在来種米の生産高のそれぞれの推移は以下のとおりである。

生産高推移
種別 1922年(大正11年) 1926年(大正15年)
在来種米 4,855,105石 4,054,491石
蓬莱米 7,296石 1,307,102石
合計 4,862,401石 5,361,593石

さらに蓬莱米と在来種米の日本への移出高それぞれの推移は以下のとおりである。

日本への移出高推移
種別 1922年(大正11年) 1926年(大正15年)
在来種米 402,651石 475,124石
蓬莱米 1,276石 1,041,337石
合計 403,927石 1,516,461石

このように蓬莱米の生産高の飛躍的増加と内地市場への浸透が見て取れる[4]。他方、蓬莱米は生産量、価格とも在来種よりも高かったため、経済作物として日本に移出され、同じく経済作物であった甘蔗と競合するようになる。水田稲作と蔗作とが農地の取り合いになるという、いわゆる「米糖相克」の問題が生じるようにもなった[5]

蓬莱米の現在-お米の『米寿』[編集]

蓬莱米は現在でも台湾における日常食用の主要な食料となっている。2014年は蓬莱米の命名から88年にあたり、同年4月24日には蓬莱米命名の『米寿』を祝うため、台北市内で記念式典が開かれた[6]

参考文献[編集]

早川友久『日本人、台湾を拓く』197ページ「磯永吉と末永仁 蓬莱米を作り上げた農学者」まどか出版 2013年 ISBN 9784944235636

脚注[編集]

  1. ^ 「台湾史小事典」中国書店(福岡)(2007年) 監修/呉密察・日本語版編訳/横澤泰夫 192ページ
  2. ^ 岩波講座「『帝国』日本の学知」第7巻 実学としての科学技術 田中耕司責任編集(2006年)69ページ
  3. ^ 岩波講座「『帝国』日本の学知」第7巻 実学としての科学技術 田中耕司責任編集(2006年)69ページ
  4. ^ 矢内原忠雄「帝国主義下の台湾」岩波書店(1988年)278ページ
  5. ^ 「台湾史小事典」中国書店(福岡)(2007年) 監修/呉密察・日本語版編訳/横澤泰夫 192ページ
  6. ^ 朝日新聞2014年4月25日朝刊(第13版)17面