落とし網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

落とし網(おとしあみ)は、漁業に用いる定置網の一種である。垣網、囲い網、登り網、箱網で形成される。囲い網がない場合もある。垣網で行く手を塞がれたは、垣網に沿って泳ぎ、囲い網、または、登り網の手前にある端口を通って、箱網に誘導される。端口や箱網の入り口は、楔形になっており、魚がから逃げ出しにくくなっている。

網は海中に没しており、上部は浮子(あば)と呼ばれる浮きが装着されている。網はによって固定されている。

関連項目[編集]