組織球性壊死性リンパ節炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊池病から転送)
Jump to navigation Jump to search
組織球性壊死性リンパ節炎
Histiocytic necrotizing lymphadenitis - intermed mag.jpg
菊池病のリンパ節顕微鏡像。多くの組織球と、好中球を伴わない壊死がみられる。 HE染色
分類および外部参照情報
eMedicine med/3663
MeSH D020042

組織球性壊死性リンパ節炎(そしききゅうせい・えしせい・リンパせつえん)とは、リンパ節の腫脹・疼痛を伴う良性疾患。亜急性壊死性リンパ節炎菊池病とも呼ばれ報告者の菊池昌弘に由来する[1][2][3]

原因[編集]

原因は未だ不明であるが,なんらかの感染が契機となり発症するといわれている。エプスタイン・バー・ウイルス(EBV), human herpes virus 6 (HHV-6),human herpes virus 8 (HHV-8),ヒト免疫不全ウイルス (HIV),parvovirus B19,Yersinia enterocolitica, toxoplasma などが関連するとする報告がある[4]。菊池病で特異的な病原体が検出されるわけではなく、原因となりうる微生物は多岐に及ぶと考えられている。

疫学[編集]

東洋人に多く、白人や黒人には極めてまれ[4]。40歳未満に多く発症し、やや女性に多くみられる[4][5]

症状[編集]

扁桃腫大を伴う風邪症候群の様な症状で始まり、38℃程度の発熱(40%)、自発痛または圧痛を伴うリンパ節腫脹、白血球数減少を主要徴候とする[4]。リンパ節腫脹は後頸部に多いが、まれに両側性頸部や他の部位もみられる[4]。倦怠感(7%), 関節痛(7%), 皮疹(10%)などもみられる。[6]

検査[編集]

鑑別診断[編集]

伝染性単核球症全身性エリテマトーデス結核性リンパ節炎、悪性リンパ腫が鑑別診断にあげられる[4]

治療[編集]

無治療で自然軽快することが多く、発熱や疼痛に対する対症療法のみのことが多い。まれにステロイドホルモンが必要となることもある。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 菊池昌弘、菊池病 日本内科学会雑誌 91 巻 (2002) 7 号 p. 2057-2058, doi:10.2169/naika.91.2057
  2. ^ 菊池昌弘:特異な組織像を呈するリンパ節炎について.日内学誌1972;35:379―80.,NAID 10004887229
  3. ^ 藤本吉秀 ほか: 頸部の亜急性壊死性リンパ節炎―新しい病態の提唱.内科 1972;30:920-7.
  4. ^ a b c d e f g 壊死性リンパ節炎について 松山赤十字病院 (PDF)
  5. ^ J Richards MJ: Kikuchi's disease. UpToDate ver.18.2
  6. ^ 宮田靖志ほか. プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断100: p.45.

外部リンク[編集]