菅貞人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅貞人1926年大正15年)1月 - )は日本の実業家。旧名は韓吉昌[1]

概要[編集]

1926年に満洲で軍人の子として生まれる[2]。1943年に満州国留学生として来日[2]。終戦後に東京・小石川になった満州国留学生会館に住み、苦学して明治大学商学部(夜間)を卒業し、出版社を経営一方で紙の特別配給を受けて大半の紙を闇で売りさばいて利益を上げた[2][3]。その利潤を元手に高利貸しも行い、1954年頃から不動産業自動車修理業を手広く経営し、1955年北海道製糖を買収して製糖業界にも手を広げた。1959年に旧満州国籍から日本国籍に帰化した[3]1958年共和製糖を買収し、1964年に社団法人ぶどう工業会会長に就任し、業界のリーダーにのし上がった[4]

1966年共和製糖事件が発覚し、1967年2月8日詐欺罪私文書偽造同行使罪で逮捕され、その後に贈賄罪外為法違反も加えて起訴された[5]1973年6月22日東京地裁懲役6年の実刑判決となった[6]。控訴し、1979年6月22日東京高裁で懲役4年6ヶ月となった[7]

1968年、経営難に陥った出版社、人物往来社を新人物往来社と社名変更し、経営を引き継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 栗田勝広『共和製糖事件』
  2. ^ a b c 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録4』(第一法規)230頁
  3. ^ a b 藤永幸治『特捜部の事件簿』(講談社現代新書)91頁
  4. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録4』(第一法規)231頁
  5. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録4』(第一法規)231・233・236頁
  6. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録4』(第一法規)241頁
  7. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録4』(第一法規)246頁

関連項目[編集]