荒井洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒井 洋一(あらい よういち、1949年11月 - )は日本の哲学者東京学芸大学教授。専門は中世キリスト教哲学。特に教父哲学、アウグスティヌスをめぐる「叫び」の構造。

学歴[編集]

九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得。文学博士。1992年1月。論文の題は「アウグスティヌス的な探求の根本構造」[1]

専門[編集]

西洋中世思想史(教父哲学)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース