茶丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茶丸(ちゃまる、生没年不詳)とは明治時代浮世絵師

来歴[編集]

函館の人かといわれる。茶丸と号して明治13年(1880年)に引札を描いている。横判の錦絵「かね二鉄店」という函館の金物屋平田文右衛門店の火災後の新築落成及び開店の様子を描いた引札の作品が知られる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]