秀才 (科挙)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茂才から転送)
Jump to navigation Jump to search

秀才(しゅうさい)は、中国科挙(官吏登用試験)の科目の一つである。

概要[編集]

郷挙里選で秀才が設けられたのは、漢代のことである。後漢の時期は、光武帝の諱を避けて「茂才」と呼ばれた。

代に科挙が始められると、科挙の科目になった秀才は科挙中でも重視され、及第者は10名にしか過ぎなかった。

の科挙では、明経進士明法などの科目の中で、科挙の筆頭科に位置づけられていた。その試験科目としては、方略策を5道課し、その文理の精粗によって判定された。貞観年間(627年 - 649年)に、地方から推薦された学生が不合格になった際には、推挙した州県官に罰則が下される規定が新設された。これによって、推薦者・受験者が無くなってしまった。開元年間(714年 - 741年)に一時的に復活したが、及第者が現われず、遂に廃止された。

以後、科挙に応募した者を秀才と称するようになった。

の時代になると、府学・州学・県学からの生員を秀才と称した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]