花恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花恐怖症(はなきょうふしょう、英語: Anthophobia)、恐花症とも、花に対する恐怖症[1]。語源はギリシャ語の anthos)と phobos恐怖)。

多くの場合、患者は花は脅威ではないと理解しているにもかかわらず、見たり考えたりすることに強い不安を感じる。すべての属や種、さらには花弁 (en:petal) やなど花の一部も恐怖の対象になる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Doctor, Ronald M.; Kahn, Ada P.; Adamec, Christine (2009). The Encyclopedia of Phobias, Fears, and Anxieties. Infobase Publishing. ISBN 1438120982. 
  2. ^ Sherman, Sondra; Metcalf, Bruce (2007). Anthophobia: Fear of Flowers. Sienna. ISBN 0977455963.