航空研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

航空研究所(こうくうけんきゅうしょ)は、かつて存在した日本の研究所で、東京帝国大学(現東京大学)が航空機の基礎的学理に関する研究を行うために創設した。

概要[編集]

1918年(大正7年)4月1日、東京帝国大学航空学調査委員会が航空研究所となる。同年7月に、深川区越中島へ移転。 1923年 (大正12年) 9月1日、関東大震災に被災。応急処置を施したまま研究を続けていたが、 1931年 (昭和6年) 、駒場へ移動。

他の陸軍航空本部技術部(東京府立川)、海軍航空廠神奈川県田浦)のように、航空機の設計、製作を直接に主眼とする研究施設とは異なる。

東京市深川区越中島にあって関東大震災に遭遇し、のち東京府目黒町駒場に移った。

航空研究所としては外観、内容、ともに欧米のそれに優るとも劣らない、日本の学術施設としては屈指の大施設であった。 所長の下、研究をおこなう所員(帝国大学教授助教授海軍尉官、同相当官から補せられる)があり、これを助ける技師、技手以下職員(昭和初年300名弱)がいた。

所内は、物理部、化学部、冶金部、材料部、風洞部、発動機部、飛行機部、測器部、航空心理部などに分かれ、研究成果は『航空研究所報告』(不定期刊行)、『航空研究所彙報』(月刊)に発表された。

敷地は17000坪、建坪4000坪、昭和7年度の経常費63万円。

関連項目[編集]