興徳寺 (会津若松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「興德寺」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

興徳寺(こうとくじ)は、福島県会津若松市栄町に所在する臨済宗妙心寺派の寺院。山号は瑞雲山。

沿革[編集]

弘安10年(1287年)、蘆名氏第5代蘆名盛宗が鎌倉より大円禅師を招き開山したと伝えられる。その後、蘆名氏を滅ぼした伊達政宗が会津支配の仮館をおき、また豊臣秀吉奥州仕置の御座所とした。蒲生氏郷により城下町が整備され寺院が郭外に移された際も、その由緒と格式により唯一郭内に留まる事を許された。戊辰戦争により、堂宇(堂の建物)をことごとく焼失、昔日の面影はない。 現在、寺内には、蒲生氏郷の五輪塔(墓)があるが、これは氏郷没後に子の蒲生秀行によって建立されたもので、病のため京都で亡くなった氏郷の遺髪がおさめられている。また、すぐ脇には氏郷の辞世の歌碑も残っている。