自律エージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自律エージェント(Autonomous Agent)とは、何らかの環境におかれたシステムであり、その環境を感知し、自身の内的方針に従って行動する存在。内的方針とは一種の衝動である(あるいはプログラムされた目的/目標)。エージェントは環境に変化を与えるよう行動し、それによって後に感知される環境に影響を与える。

生物以外の例としては、知的エージェント自律ロボット、各種ソフトウェアエージェント人工生命エージェント、多くのコンピュータウイルスなどがある。

参考文献[編集]

  • Franklin, Stan and Graesser, Art (1997) "Is it an Agent, or just a Program?: A Taxonomy for Autonomous Agents," Intelligent Agents III, Berlin: Springer Verlag, 21-35,

関連項目[編集]

外部リンク[編集]