臨床開発部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

臨床開発部門(りんしょうかいはつぶもん)とは、製薬企業における研究開発販売サプライチェーンのうち、開発に属する。研究部門が医薬品候補化合物を探索し、続く開発部門臨床試験により、有効性と安全性のデータを収集し、厚生労働省の認可をとり、化合物から医薬品へと完成させる。この際、臨床試験(治験)を遂行する部門が臨床開発部門である。販売部門はその後、医薬品の情報提供活動(MRが務める)を中心に普及に努める。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]