臨メイ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「臨洺県」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 宋代に廃止
前漢易陽県
後漢易陽県
三国易陽県
西晋易陽県
東晋十六国易陽県
南北朝易陽県
邯鄲県
臨洺県
臨洺県
五代臨洺県
北宋/廃止

臨洺県(りんめい-けん)は中華人民共和国河北省にかつて存在した県。現在の邯鄲市永年区南東部に相当する。

前漢により設置された易陽県を前身とする。隋朝が成立すると、586年開皇6年)に邯鄲県590年(開皇10年)に臨洺県と改称された。宋代元祐年間に廃止された。