脳函

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脳函(のうかん)または脳頭蓋(のうとうがい)(: Neurocranium または Braincase)とは、生物の骨格におけるを囲んでいる部分をいう[1]

恐竜などの化石では、脳そのものは死後は腐敗してしまい残されないが、脳函が残されていれば、脳が入っていた空間や神経が通っていた穴を樹脂で型取りするなどの方法により、脳の形を復元することができる[1]

恐竜の脳函を研究することで、脳や神経の働きを解明する手がかりになることが期待されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【朝日新聞記事から】ティラノ、脳の遺産 脳囲む骨、日本初公開”. 恐竜博2011 (2011年8月3日). 2021年12月3日閲覧。
  2. ^ 三船町恐竜博物館 (2003年8月30日). “Dinosaur Topics No.9 (pdf)”. p. 1. 2021年12月3日閲覧。

関連項目[編集]